第一住宅

  • 会社概要
  • スタッフ
  • FB

第一住宅

コンセプト

第一住宅の家づくりの特徴

おうちづくりをトータル
に考えて
本当に豊かな
暮らしを育みます。

なぜ、おうちづくりをするのでしょう? それは、もっとしあわせに暮らすため、だと思います。「おうち」とは家族が生活する場です。「おうち」そのものを考えることは間違いなく大事なことですが、それだけでは本当にしあわせな暮らしはできないと私たちは考えます。たとえばおうちのローンに縛られて、家族との時間を失くしてしまったり、やりたいことができなくなったりしたら……?
私たちは、暮らしをトータルで考えたおうちづくりをご提案し、皆様に本当の豊かさをお届けしたいと思います。

注文住宅を超える
第一住宅の規格住宅

これまで3000棟以上の着工棟数をもつ第一住宅が規格住宅にこだわる理由をご案内します。

これから建てるなら「規格住宅」がおすすめ

家づくりには、大きく分けて2つの方法があります。1つは施主の注文に応じて設計する「注文住宅」、もう1つは最近、注目が高まっている「規格住宅」です。

注文住宅はその名のとおり、施主の注文に沿って自由に設計する家で、その家族にぴったりなこだわりの家をつくることができます。only oneの家になるため、完成までとても楽しみなのが注文住宅の特徴です。
しかし、自由度が高い反面、すべてを一から考える必要があるので、時間や労力がかかり、その分、建築費用も高く、予算をオーバーしてしまう事がしばしば見られます。また、計画の段階では、完成後のイメージがしにくい事があるため、お引渡し後にこうすればよかった、これは必要なかったという事が多いようです。
また〝今の暮らしに合わせた〟家や、個性的な家ほど飽きられやすいので、後になって建て替えざるを得ないケースも少なくありません。

一方、規格住宅は、間取りや仕様をできるだけ統一し、建材や部材を工場で一貫生産した住宅のこと。
規格に沿って生産するので、間取りや仕様の変更には制限やルールもありますが、一定水準以上のハイクオリティな住宅を、より安価に、少ない労力で建てることができます。
またシンプルなデザインと強固な構造をもつ規格住宅は、流行に左右されにくく、年月が経っても長く愛される住まいとなります。
それよりも何よりも、モデルハウスと同じ空間イメージで完成しますから、お引渡しの前からどんな生活をしようかとワクワクしながら、生活設計ができ、お引渡し後もその設計通りの生活ができる様になります。

これから家を建てるなら、価格が高い注文住宅よりも、高性能で低価格、どんな状況にも対応できる規格住宅が絶対おすすめです。

これから建てるなら「規格住宅」がおすすめ

第一住宅の家は「規格住宅」です。しかし、ただの規格住宅ではありません。

第一住宅の家が目指したのは「注文住宅を超える魅力あふれる規格住宅」。住宅を支える根幹の構造体や部材を、人の勘や経験値だけに頼るのではなく、ちみつな計算に基づいた高い技術力と厳しい管理体制の下に量産することで、「高品質の製品を低コストで提供」できるようになりました。

それだけではありません。
これまでの規格住宅にはなかった「自由度の高さ」や「暮らす楽しみ」をプラス。素材のバリエーションやオプションも豊富で、その人らしい家に楽しみながらカスタマイズすることができます。
一定の規格に基づいたデザイン設計は、シンプルで美しいカタチと強固な構造を生み出すとともに、家の維持管理を容易にし、子や孫へと大切な住まいを住み継いでいくことにも寄与します。

規格住宅でありながら、住まう人の個性やライフスタイルを表現できる、注文住宅を超えた規格住宅です。
第一住宅が「規格住宅」にこだわり続けているのには、こうした理由があるのです。

ラインナップ

LIFE SCENE

家づくりを考えているけれど、実際にどんな暮らしを送ることができるか、どんな風に活用することができるか知りたい。3つのストーリーをご覧いただくことで、イメージをふくらませるお手伝いになるかもしれません。

ライフスタイル

自然素材をふんだんに
使った
住むほどに
愛着が深まるおうち

どのおうちも新築当初は、ピカピカと輝いてとても素敵です。けれどもおうちはこの先、何十年と住み続けていくもの。誰も古びるのを止めることはできません。ならば、時間が経つにつれて劣化するのではなく、時を刻むほどに味が出たり、美しさが増すようなおうちにしたいものです。
第一住宅は、自然素材をたっぷりと使ったおうちづくりをしています。良質な自然素材だから、人に優しいのはもちろん、月日が経って古びても、それがそのおうちだけの味わいや個性となって、より輝きを増していくにちがいありません。暮らすほどに愛着の深まるおうちは、家族の絆も強めてくれるでしょう。

資産価値の高い
安心のハイクオリティ住宅

欧米の住宅の寿命はとても長く、子や孫の代まで同じ家に住み続けるのが一般的。一方、日本の住宅寿命は短く、30年ほどで資産価値がなくなるとも言われます。そんな住宅事情を改善するために始まったのが国土交通省の「長期優良住宅」。これは耐震性、耐久性、省エネルギー性能などの項目で一定の基準を満たした住宅で、その品質はいわば国のお墨付き。第一住宅が建てるおうちは、この長期優良住宅に対応しています。
資産価値の高い家を建てて引き継いでいければ、より豊かな暮らしが可能になり、また万一、家を売ることになっても安心して売却できるでしょう。第一住宅は、良質なおうちを建てることで、より豊かな暮らしと社会の形成を目指しています。

第三者機関による厳しい
品質検査で
安心して住み
続けられる住まいを

設計図がどんなに理想的であっとしても、現場での施工がしっかりしていなければ安心な住まいは出来上がりません。雨風に耐え、災害や老朽化にも強い家ができるかどうかは、現場の施工がもっとも肝心なのです。第一住宅では、信頼できる第三者機関に施工中の審査を依頼しています。施工の流れやチェック内容をルール化することで、現場の勘に頼らない公正な検査を行える体制を整えています。

楽しく暮らすためのインテリア
計画から
メンテナンスまで
トータルにサポート

おうちづくりは建てたら終わり、ではありません。長く住まう間には、お子さんが成長したり、家族構成や趣味嗜好が変わったりと、さまざまな変化が表れるでしょう。また時には家に手を入れたり、修理が必要になる場合もあるかも知れません。
おうちを建てるだけでなく、建てた後もずっと楽しく暮らしていただくために、家具インテリアの計画や適切なリフォーム提案など、皆様の暮らしを見守り、トータルサポートしていくのも、第一住宅の大切な役割です。皆様の暮らしにずっと寄り添っていきたい。それが私たちの願いです。