株式会社 第一住宅

BLOGブログ

2018.06.25(Mon)

教えて住宅ローンのベスト10

ご無沙汰しております。

営業の橋本です。

お住まい購入はとても高額なものなので、ほとんどの方が住宅ローンを利用することになります。

そこで今回は、お客様からよく受ける住宅ローンの質問から特に多い10の質問をQ&Aで纏めてみました。

まず初めに住宅ローンとは専用住宅のみにだけ利用できる長期低金利ローンを指します。

 

長期とは最長で35年、もしくは満80歳に至るまでの期間を言います。

そのため、賃貸等の投資目的や別荘等のセカンドハウスではご利用できません。

ちなみに比較的身近なマイカーローンの金利相場は約1.5%~3.7%(H30年2月調べ)

一方住宅ローンの金利相場は約0.45%~1.6%(H30年2月調べ)となっており、

上記金利を【借入額3,000万35年返済 】でシミュレートしてみると・・・・

その差はなんと!!約614

如何に住宅ローンの金利がお得なのかがわかりますね!!!

では本題にはいります。

 

Q1.金利の種類について教えてください・・・

大きく分けて【変動金利】と【固定金利】があります。

【変動金利】

名前にある通り、金利が変動します【年2回(4月、10月)】

利点:固定金利に比べ金利が低い

欠点:金利が上がる可能性があるため計画的返済が読みづらい。

【固定金利】

一定の期間(例:2年固定、3年固定、5年固定、10年固定、35年固定)

金利が変わらない商品

利点:毎月の支払額が一定のため、計画的な返済ができる。

 欠点:変動金利に比べ金利が高い

ちなみに変動金利と固定金利ではこれぐらい違うんです!!

変動金利【例:借入額3,000万35年返済 金利0.45% 総返済額 約3,243万】

固定金利【例:借入額3,000万 35年返済 金利1.1% 総返済額 約3,615万】

その差はなんと!!約372

この差を金利が変わらない安心料ととるかどうかについては皆様の方で

ご検討ください。

ご参考まで・・・2017年に借入れをされた方の割合について(ネット調べ)

・変動金利(48 %)

・固定金利(52 %)

 

Q2.団体信用生命保険って何ですか?

団体信用生命保険とは住宅ローン専用の生命保険です。

住宅ローンの債務者が死亡した時や高度障害状態になった際に住宅ローンの残債分の保険金が金融機関に支払われ、ローンの清算をすることができるものです。民間の住宅ローンを利用する際は加入が必須となっております。

 

Q3.保証料ってなんですか?

保証料とは銀行の保証会社を利用する際に支払う手数料を指します。

でもなぜ保証会社を利用しなくてはいけないか・・・。

昔は住宅ローンを利用する際、一般的に保証人が必要でした。

しかしながら、保証人をお願いする親族・知人がいないという人もいて

借入れができない問題がおきたことからそういう人を救済する措置として

生まれたのが保証会社というわけです。

 

Q4.返済方法についてどのような方法がありますか?

【毎月返済方法】

年間12回の毎月返済のみで構成される返済方法

ボーナス返済がないことが毎月の支払い額が一定するため、計画が組みやすい。

【ボーナス併用返済方法】

年間12回の毎月返済の他、ボーナス月(年2回)に加算して返済をする方法。

この返済方法を利用することで、毎月の支払額を抑えることができるが、

ある一定のボーナス額が毎年約束されていないと計画が組みにくい。

【繰上げ返済方法】

毎月の返済とは別に借入金の一部または全額を返済すること。

繰上げ返済をすることで、毎月の支払額を下げたり、借入年数を短くすることができる。

また、繰上げ返済は借入金(元本)に対して直接の返済をするものなので、

利息を含んだ毎月の通常返済と比較して借入金減少の効果が高い。

 

Q5.私はいくら借りることができるの?

およそ年収の6倍~7倍が大凡の目安となっております。

正確な借入額に関してはお客様の個人情報によってに差が生じますので、

当社無料代行の住宅ローン事前審査をご利用くださいませ。

 

Q6.融資利用までの流れを教えてほしい。

【一般的な事例でご紹介すると】

①事前審査⇒② 本申込み⇒③ 金銭消費貸借(きんせんしょうひたいしゃく)契約

⇒④融資金の口座ご入金

せっかく良い物件に巡り合えたのに、融資のご利用ができなかったでは、そこまでのお時間を無駄にしてしまう恐れがあります。資金計画を組みたてる上でも、早い段階で住宅ローンの事前審査を行うことはとても大事です。

 

Q7.住宅ローンの事前審査とは何を審査するの?

・支払いの滞納履歴・破産履歴があるかどうか

・クレジットカードの保有数・種類(キャッシング機能の有無)

・検討されている物件についての担保価値

・勤務先および勤続年数

・借入額に対しての返済比率(この人は毎月ちゃんと返済してくれるのか?)

を審査します。

 

Q8.事前審査をしたら必ず物件を購入しないといけないの?

事前審査をしたからといって必ず物件を購入しなくても良いです。

また事前申込みされた金融機関で必ず本申込みをする必要もありませんので、

気軽に事前審査を行ってはいかがでしょうか?(^^)

 

Q9.住宅ローン減税って何?

住宅ローンを利用した場合で一定の条件を満たした時に受けられる税制度です。

年末の借入残高・ご年収に応じて所得税・住民税の控除が受けられます。 

最大控除額はなんと10年間で500万!!

 

Q10.結局住宅ローンってどこの銀行さんが良いですか?

お客様にとって向き・不向きの銀行があるので一概には答えようがないですが・・・各銀行さんに向いている人は下記の通りです。

【ネット銀行が向いている人】

・とにかく毎月の返済額を抑えたい。

・比較的時間に余裕がある

【地方銀行が向いている人】

・困った時に気軽に行ける窓口が近場に多いこと

・団信の他に保険内容を金利上乗せなしで充実させたい。

【信用金庫が向いている人】

・個人事業主、会社役員の方

【フラット35が向いている人】

・毎月の返済額を全期間一定にして、返済計画を組みやすくしたい

・勤続年数が1年未満、個人事業主で3年未満の方

以上、ベスト10でした。長文失礼致しました。

 

 

一覧に戻る